トップページ >トピックス > CRCの臨床試験の現場におけるIoT活用について 開催報告

CRCの臨床試験の現場におけるIoT活用について 開催報告 [2019.02.21]

SMONA・IOT勉強会

SMONA主催「CRCの臨床試験の現場におけるIoT活用について」

メディデータ・ソリューションズ株式会社のシニアプロダクトスペシャリスト 稲留由美 氏にご講演いただきました。

2月13日 (水)に開催されたセミナーの講演では、服薬管理ソリューションやウェアラブルデバイスの活用事例を交えながら、今後の臨床試験として進むであろうバーチャルトライアルについて紹介、後半ではePROやeConsentソリューションのデモを実施しながらの体験型セミナーとなりました。
講演の後で参加CRCと同社の方々でグループごとに意見交換を行い、様々なものが電子化していくことで業務が煩雑になってしまう現状、Visit数が減ることでの患者様とのコミュニケーションに弊害が生じる懸念など「実際に現場使うCRCの生の声」をシステム開発者の方々に知っていただく機会となりました。
業界全体でそれぞれの役割の方々が抱える課題を把握し、改善を行っていく必要があることを感じました。
人と人とのコミュニケーションに、テクノロジーを活用することで、迅速により質の高い新薬を患者様に届けることに貢献していきたいと考えます。

ページの上に戻る

SMONA(協同組合 臨床開発支援ネットワーク)は治験の精度とスピードを高めることを目標に、全国に展開するSMO(治験施設支援機関)が相互連携のもと業務を遂行しています。

SMONAでは組合員の従業員を対象とするCRC内部認定を実施、認定後も継続研修・海外研修など豊富な教育・研修内容で認定CRCのスキルアップをサポートします。