トップページ > SMONAについて > 役員・委員会

役員・委員会

理事長ごあいさつ

 協同組合臨床開発支援ネットワーク(SMONA: Strategic Management and Operation

NetworkAssociation for  Clinical Study)は中小企業等協同組合法により、「医薬品等の臨床開発補助業を行う事業者」として、2001年5月に厚生労働省関東信越厚生局から設立を認可された協同組合です。

当組合は法人格を有しており、独立した事業法人として活動することが認められております。

当協同組合が通常の株式会社と異なる点は、出資者はすべて会員であり、会員はそれぞれ独立した企業 (ある点ではお互いが競争相手)ですが、協同組合として受託した業務については、それぞれの会員企業の力を集結して一法人として業務を遂行し、各会員企業がその利益の配分を受ける点です。

このような点から当協同組合が受託した業務については、会員の相互扶助的な側面と相互監視的な側面を持ち合わせており、透明性の高い業務を遂行できるものと自負しております。

設立の目的は、臨床試験の共同受注による会員企業の利益向上と臨床開発関連企業に対する良質なサービスの提供です。 臨床開発に関わるサービスを実施している様々な企業が、当時から加入しており現在ではSMO機能、CRO機能、被験者募集機能を有する会員が連携し、高品質、ハイスピード、適正な費用で、フルサービスを提供することが可能となっております。

臨床試験全体に対するフルサービスを提供できる、ハイブリットな協同組合であるSMONAを、是非一度ご活用いただければ幸いです。

一企業とは異なった形で活動をしてまいりますので、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


                                             協同組合臨床開発支援ネットワーク

                                               理事長 田澤 博実

役員(理事5名、監事2名)

代表理事田澤 博実   株式会社エスアールディ
副理事長皆方 良介   有限会社新赤坂臨床検査センター
理事柿木 博之   株式会社CTS
理事高橋 弘幸   株式会社医療システム研究所
理事牧  大輔   株式会社クロエ
監事本橋 義行   株式会社サイトプラス
監事野田 久正   株式会社エシック
事務局長黒野 富男   SMONA

理事会

中小企業等協同組合法又は定款に定めるもののほか、
総会に提出する議案、組合員の加入の承認などを決定する。

    運営委員会

    組合の事業の執行に関し、理事会の諮問機関として
    各種事項の協議を行う。

    専門委員会

    事業を具体化するための業務を推進しています。

    サイトインフォメーションサービス委員会

      委員長   牧  大輔    株式会社クロエ

    • 医療機関情報の管理・提供
    • セントラルIRB情報の管理・提供
    • 進捗管理

    GCP委員会

      委員長   金子 禎之    株式会社医療システム研究所

    • GCP及び関連法規の管理
    • 会員SMOに対するSOP監査の実施
    • 出版物の企画・発刊

    教育研修委員会

      委員長   黒野 富男    SMONA事務局長

    • 教育研修会の企画・実施
    • CRC認定試験の企画・実施
    • 出版物の企画・発刊

    支援委員会

    • 会員会社の業務アドバイス
ページの上に戻る

SMONA(協同組合 臨床開発支援ネットワーク)は治験の精度とスピードを高めることを目標に、全国に展開するSMO(治験施設支援機関)が相互連携のもと業務を遂行しています。

SMONAでは組合員の従業員を対象とするCRC内部認定を実施、認定後も継続研修・海外研修など豊富な教育・研修内容で認定CRCのスキルアップをサポートします。